U-12の一覧

  • 日本と米国、育成年代の指導法の違いをクロマティ氏が語る「酷使は絶対避けます」

    2019.06.24 U-15 U-12

    投手の投球回数制限の導入が検討されるなど、変化を見せている育成年代の指導法。侍ジャパンもU-12代表、U-15代表の選手たちが世界大会で奮闘しているが、若いうちにどのような指導を受けるかで、選手の未来も変わってくる。かつて読売史上最強の助っ人と呼ばれたウォーレン・クロマティ氏は米国と日本の育成年代の野球を比較。熱く持論を展開した。

  • 「挑戦と失敗を…」 福岡ソフトバンク・新垣渚氏が育成世代に求めること

    2019.06.10 U-18 U-15 U-12

    福岡ソフトバンク、東京ヤクルトでプレーし、最速156キロの直球で野球ファンを魅了した新垣渚氏は、現在はNPO法人ホークスジュニアアカデミーの「ホークスべースボールスクール」のコーチを務めている。高校生まで沖縄で育ち、プロに入るまでケガや多くの試練にぶつかってきた。それでも乗り越えられたのは、野球が好きという思いが強かったからだという。選手から子供たちを教える立場となり、野球の魅力を伝えていくことが自身の使命となっている。現在、侍ジャパンもU-12代表、U-15代表と各年代で世界を相手に戦っているが、新垣氏の言葉には、育成年代の選手が上達するために何が大切なのか、ヒントが詰まっている。

  • 元日本ハムエース西崎幸広氏が大切にする野球指導「自分なりの方法を考えさせます」

    2019.01.21 U-15 U-12

    競技人口の減少が課題とされる野球界では、かつてプロ野球選手として一世を風靡した多くのOBが、子供たちの野球離れにブレーキを掛けるべく、各地で野球教室や体験会を開催している。1987年のデビュー以来、日本ハムのエースとして活躍した西崎幸広氏もその1人だ。入団1年目から3年連続15勝以上をマークし、通算15年の現役生活では127勝102敗22セーブ、防御率3.25の成績を残した右腕は、現在日本ハムOB会長や野球解説者を務める傍ら、各地で行われる野球教室に講師として参加している。

  • プロ通算228セーブの小林雅英氏が勧める、育成年代の選手たちに効果的な「遊び」

    2019.01.17 U-15 U-12

    2018年も各カテゴリーで結果を残した野球日本代表「侍ジャパン」。昨年9月25日に発表された世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の世界ランキングでは2位だったが、同10月にコロンビアで行われた「第2回 WBSC U-23ワールドカップ」で2位に入ったことで、アメリカを抜いて同12月19日に1位に返り咲き。再び“世界一“の座についた。もちろん、「第8回WBSC 女子野球ワールドカップ」で前人未到のワールドカップ30連勝と6連覇を達成した女子も世界1位をキープしている。

  • 2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕

    2018.11.26 全世代

    野球日本代表「侍ジャパン」は11月9日から15日に開催された「2018日米野球」でMLBオールスターチームに5勝1敗と圧勝し、今シーズンの活動を終えた。2018年はアンダー世代も国際大会で奮闘し、日本は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の世界ランキングで米国に次ぐ2位とした。2019年11月に日本で開催される「第2回 WBSCプレミア12」には、世界ランク上位12チームに参加資格が与えられるが、日本は全世代一丸となった活躍で出場を“当確”とした。

  • 侍ジャパンU-12代表が成長を実感したアジア選手権 順位以上の価値ある成長

    2018.09.03 U-12

    8月13日から19日に台湾・台北で開催された「第10回 BFA U12アジア選手権」で、侍ジャパンU-12代表は3位だった。2年前の前回大会は優勝。目標としていた2連覇は達成できなかったが、試合を重ねて選手たちは確実に成長を遂げた。5年連続でU-12代表の指揮を執った仁志敏久監督は「野球ではすごく積極性が出てきた。私生活でも、みんなでルールを守って生活するということで、すごく成長したところだと思います」と称えた。

  • 侍ジャパンU-12代表、2連覇を目指し13日からアジア選手権 仁志監督「成長を感じる大会に」

    2018.08.13 U-12

    アジア2連覇をかけ、「第10回 BFA U12アジア選手権」(8月13~19日、台湾・台北市)に挑む侍ジャパンU-12代表。今大会もトライアウトなどを経て選び抜かれた15人の選手が仁志敏久監督に率いられ、優勝、そして、個々の成長を目指して大舞台に立つ。

  • 侍ジャパン、7月と8月は国際大会が目白押し U-15代表は初の世界一、女子代表は6連覇を目指す

    2018.07.02 全世代

    野球日本代表「侍ジャパン」は2017年、各カテゴリーが国際大会で好成績を残した。そして、2018年も世界を舞台にした戦いがいよいよ本格的にスタート。7月、8月の2か月、各世代でワールドカップやアジア選手権が目白押しとなっている。

  • 日本通運に復帰、ベテラン右腕・武田久が考える「投手にとって一番大事なこと」

    2018.04.30 U-23 U-18 U-15 U-12

    北海道日本ハムで15年間プレーし、リリーフとして通算534試合に登板、167セーブを挙げた武田久は今年、選手兼コーチとして日本通運野球部に戻ってきた。プロで実績を残した39歳の右腕は、古巣の後輩たちにどのようなことを伝え、どんな指導をしていきたいと思っているのだろうか。インタビューで胸の内を聞いた。

  • 元阪神・岡田彰布氏が語る時代に即した育成法「秀でているところを伸ばす」

    2018.04.16 U-23 U-18 U-15 U-12

    野球日本代表「侍ジャパン」が世界トップクラスであり続けるためには、次世代を担う若手の育成が大きな意味を持つ。阪神、オリックスで監督を歴任した岡田彰布氏は、オリックスでは2軍助監督、阪神では2軍監督も経験するなど、若手育成の場に身を置いた。才能を潰さずに大きく開花させるためには、どうしたらいいのか。「私は長所を伸ばしていく方がいいと思います」と岡田氏は語る。