U-18の一覧

  • 侍ジャパンU-18代表、カナダに黒星 決勝進出かけ韓国と激突 清宮「勝ち切りたい」

    2017.09.09 U-18

    侍ジャパンU-18代表は8日(日本時間9日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第2戦でカナダと対戦し、4-6と競り負けた。これでオープニングラウンドから持ち越された成績を含めて2勝2敗となった。この日の時点で4勝のアメリカの決勝進出は決定。残り1枠を日本、韓国(3勝1敗)、カナダ(2勝2敗)の3か国で争う状況となった。

  • 侍ジャパンU-18代表、オーストラリアとの激闘制す 世界一へ「勢いに乗る」勝利

    2017.09.08 U-18

    侍ジャパンU-18代表は現地時間7日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第1戦でオーストラリアと対戦し、延長11回の激闘の末に4-3と競り勝った。無死一、二塁から始まるタイブレークの延長戦で投手陣が力投し、相手打線を無得点に封じると、11回裏に安田尚憲(履正社)がサヨナラ打を放った。これで4連勝を飾り、オープニングラウンドから5勝1敗とした侍ジャパンU-18代表は同8日にカナダと対戦する。

  • 侍ジャパンU-18代表、オープニングRで掴んだ確かな収穫「目標が明確なものに変わった」

    2017.09.06 U-18

    侍ジャパンU-18代表は「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド全5試合を4勝1敗で終えた。第2戦でアメリカに敗れたものの、キューバ、オランダといった強豪を撃破。グループBの2位でスーパーラウンドへと駒を進めた。最終戦の南アフリカ戦では、主将の清宮幸太郎内野手(早稲田実業)に今大会1号が飛び出すなど、上昇気流に乗って次のステージに挑む。

  • 侍ジャパンU-18代表が南アフリカに大勝 主将の清宮に待望の今大会1号が飛び出す

    2017.09.06 U-18

    侍ジャパンU-18代表は5日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第5戦で南アフリカと対戦し、12-0で7回コールド勝ちした。すでにオープニングラウンド突破が決まっていたが、4勝1敗でスーパーラウンドへ。清宮幸太郎内野手(早稲田実業)に待望の今大会1号が飛び出し、史上最多とされる高校通算本塁打記録を110本へと伸ばすなど、収穫の多い一戦となった。

  • 侍ジャパンU-18代表、鮮やか逆転劇&1失点リレーでオランダ撃破、スーパーR進出決定!

    2017.09.05 U-18

    侍ジャパンU-18代表は日本時間5日(日本時間4日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第4戦でオランダと対戦し、3-1と勝利を収めた。相手投手の前に序盤から苦しんだ打線は中盤以降に逆転劇を見せ、投手陣の好投も光った。これで3勝1敗とした日本はスーパーラウンド進出を決めた。

  • 侍ジャパンU-18代表、キューバに快勝! オーダー変更も奏功、小園は3安打2打点の活躍

    2017.09.04 U-18

    侍ジャパンU-18代表は3日(日本時間4日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第3戦でキューバから7点を奪い、快勝した。前日のアメリカ戦で2安打完封負けを喫していたが、この日は2年生打者の小園海斗(報徳学園)を2番に起用するなどオーダー変更して臨み、序盤から得点を重ねた。投手陣も先発の山下輝(木更津総合)、田浦文丸(秀岳館)、清水達也(花咲徳栄)と3投手の継投で2失点にとどめ、7-2と勝利。通算成績を2勝1敗とした。

  • 侍ジャパンU-18代表、3投手で米国打線から圧巻23Kも打線沈黙で初黒星

    2017.09.03 U-18

    侍ジャパンU-18代表は2日(日本時間3日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第2戦でアメリカに0-4で敗れて通算成績を1勝1敗とした。3投手の継投でアメリカ打線から23奪三振を奪ったが、打線が2安打無得点と沈黙し、今大会初の黒星を喫した。

  • 侍ジャパンU-18代表、初の世界一に向けて初戦は10得点でメキシコに大勝

    2017.09.02 U-18

    侍ジャパンU-18代表は1日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の初戦でメキシコ代表に10-1で大勝。悲願の初優勝へ向けて、好スタートを切った。

  • 昨年は全世代で金5個、銀1個と圧巻の強さ 「侍ジャパン」は今年も輝けるか

    2017.04.24 全世代

    2016年は野球日本代表「侍ジャパン」が大きく飛躍した年となった。全カテゴリー合わせて6つの国際大会が行われ、「侍ジャパン」を冠したチームはいずれも決勝に進出。金メダル5個、銀メダル1個と圧倒的な強さを見せた。そして今年は今後も各カテゴリーで多くの国際大会が予定されている。ここではその日程を見ていきたい。