新着記事の一覧

  • 侍ジャパン、オーストラリアに快勝で2連勝 山崎武司氏が指摘する「手応え」と「課題」とは

    2018.03.05 トップチーム

    野球日本代表「侍ジャパン」は4日、「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」の第2戦(京セラドーム大阪)に6-0で完勝し、シリーズ2連勝を飾った。第1戦に続き、投手陣が無失点リレー。先発の則本昂大投手(東北楽天)が打者7人から5三振を奪う圧巻の投球を見せると、その後は5投手が好投でつないだ。野球解説者の山崎武司氏は、これまでも「日本の強み」と表現してきた投手陣の働きぶりを「評価できる」と称賛。一方で、この日は6点を奪った打線については「少しもったいない」と、今後へ向けて課題が残る内容だったと指摘している。

  • 2連勝がかかる稲葉ジャパン、4日オーストラリア戦の注目は先発野手と打線

    2018.03.04 トップチーム

    稲葉篤紀監督率いる野球日本代表「侍ジャパン」は3日、ナゴヤドームで行われた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」第1戦に2-0で勝利した。2連勝を狙う4日の第2戦(京セラドーム大阪)では、東北楽天のエース・則本昂大投手が先発マウンドに上がる。まだ3月上旬ということもあり、建山義紀投手コーチは「時期的には、まだ調整段階。自分の色を出してくれればいい」と話しているが、則本投手が見せる“色”に期待したい。

  • 千賀滉大のフォークは「まず打てない」 圧巻のパーフェクト投球、全6打者から三振奪取

    2018.03.04 トップチーム

    3日の「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」の第1戦(ナゴヤドーム)を2-0で制した野球日本代表「侍ジャパン」。稲葉篤紀監督が就任してから初めて年齢制限のないトップチームで臨んだ試合で、勝利の立役者となったのが、6人で無失点リレーを見せた投手陣だ。

  • 侍ジャパン、接戦でオーストラリアに勝利 山崎武司氏が分析「日本らしい、いい試合」

    2018.03.04 トップチーム

    野球日本代表「侍ジャパン」は3日、「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」の第1戦(ナゴヤドーム)に2-0で勝利した。投手陣が無失点リレーで繋ぐと、6回に3番・柳田悠岐外野手(福岡ソフトバンク)、4番・筒香嘉智外野手(横浜DeNA)とクリーンアップの2人が貴重なタイムリーを放ち、そのまま逃げ切った。

  • 稲葉ジャパン、3日にオーストラリア戦 初のトップチームで注目される若手の起用法

    2018.03.03 トップチーム

    野球日本代表「侍ジャパン」は3日に「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」の第1戦(ナゴヤドーム)に挑む。稲葉篤紀監督が就任してから、初めて年齢制限のないトップチームで臨む試合。“常連組”に新戦力をどのように組み合わせていくのか、注目が集まる。

  • 侍ジャパンがオーストラリアと対戦へ 稲葉監督が明かしたメンバー選考の“意図”

    2018.02.26 トップチーム

    稲葉篤紀氏を新監督に迎え、世界一奪還に向けて再スタートを切った侍ジャパン。昨年7月に就任した新指揮官のもと、初めて“フルメンバー”で挑む大会が3月3、4日に開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」だ。年齢制限なしで行われる今回の試合のメンバー発表は注目を集めたが、将来を見据えて若手も多く選出された。

  • “戦友”から侍ジャパン稲葉監督へのエール「それが僕の素直な気持ちです」

    2018.02.19 トップチーム

    野球日本代表「侍ジャパン」のトップチームは、昨年7月に稲葉篤紀氏を新監督に迎え、世界一奪還に向けて再スタートを切った。昨年11月の「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」では3連勝で優勝。3月には「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」オーストラリア戦も控えており、着々と強化を進めている。その新チームを率いる指揮官と同世代で、プロ野球の世界をともに戦い抜いた戦友がいる。和田一浩氏だ。

  • 日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論

    2018.02.12 U-15 U-12

    日本のトップレベルの選手が集う野球日本代表「侍ジャパン」。現在は女子を含め各世代に日本代表チームが編成されている。その中で、世界一を目標に掲げる侍ジャパンの出発点となるのは、やはりU-12(12歳以下)、U-15(15歳以下)などのアンダー世代と言えるだろう。世界で通用する選手を育てるためには何が必要か――。2004年のアテネオリンピックや2006年の「第1回ワールド・ベースボール・クラシック™(WBC)」などで日の丸を背負い、埼玉西武、中日で活躍した和田一浩氏に話を聞いた。

  • 「見たことがない球が来る」 404発スラッガー中村紀洋氏が語る世界との闘い

    2018.02.05 トップチーム

    野球日本代表「侍ジャパン」のトップチームは、昨年7月に稲葉篤紀氏を新監督に迎え、再スタートを切った。稲葉新監督に求められるのは世界一奪還だ。昨年11月の「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」では3連勝で優勝。今年3月には「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」オーストラリア戦も予定されており、1月下旬にはメンバーの一部が発表された。新生・侍ジャパンが世界の頂点に返り咲くためには何が必要なのか。2000年のシドニーオリンピック、2004年のアテネオリンピックで日の丸を背負ったNPB通算404本塁打のスラッガー中村紀洋氏に語ってもらった。

  • 毎日30回フルスイングで「プロになれた」スラッガー中村紀洋氏が語る育成論

    2018.01.29 U-15 U-12

    2017年も各世代で強さを発揮した野球日本代表「侍ジャパン」。トップチームが世界の頂点に返り咲くために、また総合力でトップをキープしていくために、不可欠なのは継続して有望な選手たちを輩出していくこと。それだけにアンダー世代である12歳以下、15歳以下の選手たちへの指導は重要なポイントだ。世界で通用する選手になるために、若い時期に取り組むべきことは何か。NPBで通算404本塁打を放ち、メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースでもプレー。現在は、高校野球部でコーチも務めている中村紀洋氏に語ってもらった。